2015年02月05日

40坪のQ値0.8Wのセントラル空調換気除加湿住宅を2600万円以内で!



ご案内のように、私は第一線から離れた人間。 つまり、自分で住宅業をやっていない。
このため、理想的な住宅造りのアドバイスは出来ても、消費者の方に 「私に任せてください。文句なしに満足出来る住宅を提供してあげます!」 と断言出来る立場にないのが、何とも辛い。 
ある程度のことはやれる自信はあるのだが、私が理想とするビルダー業をこなして行けるだけの責任と意欲を持続できる歳ではない。
私の長年の経験では、東京などの大都市の場合は、週に1棟をコンスタントに受注して着工し、年間50棟をコンスタントに完成させるビルダーでないと、材料メーカーは安い価格を提示してくれない。 こちらが必要とする資材やシステムを開発してくれない。
また、職人さんは安心して仕事に集中してくれない。 つまり、仕事が切れそうになると途端にソワソワして動きは鈍くなり、技能や性能が低下する‥‥。
年間5〜6棟程度では、どうしても価格競争力が付かず、大手との差別化商品‥‥常に新しいトライに満ちた画期的な住宅を提供してゆくことは、体質的にムリ。

それにしても、毎週1200〜1500人の方が、私のホームページを訪ねてきてくださる。
「住まいのブログ村」 の担当者から、「もっと積極的にPRして、ファンを掴んでくださいよ。大変にもったいないですよ」 と勧められるのだが、今のところ新規にお客を増やそうという気持ちは私にはない。 今までの1200〜1500人/週 という規模が、今の私には最適な規模だと考えている。
そして、私に変わって年間コンスタントに50棟近くをこなせるビルダーを1社でも輩出してゆくことこそが、私に課せられた仕事ではないかと考えている。
私は、ビルダーが大手住宅メーカーの向こうを張っ、地場で消費者から強力な支持を得てゆくには、これからは2つの方向しかないと考えている。

1つは、住宅の性能面と工事面で、抜群の技術力を示すこと。
いいですか。 これからは 「高気密・高断熱」 の時代。 
高断熱は、ある程度の仕様の変更で誰にでも出来る。 しかし、「高気密」 は、自前の大工さんをはじめ各職人さんを抱えた直施工業者でないかぎり絶対に達成出来ない。 そのことはR-2000で実証済み。 
私の知っている三井ホーム、地所ホーム、東急ホームの技術担当者の能力は凄かった。 彼らだったら、絶対に50パスカルで1.5回転、C値で言うならば0.9cu/uは、軽く突破してくれると考えていた。 
ところが、中心になっていた技術者は設計力とか開発力は凄かったが、彼らは現場事情に明るくなかった。 つまり、現場の職人さんの手を取り、足を運んでの現場指導することが出来なかった。 このため、0.9cu/uというC値が達成出来ず、最終検査で全てがクレーム物件となり、直施工体制を持たない大手ツーバイフォーメーカーは、軒並み脱落せざるを得なかった。 
ツ―バイフォーの大手でこのありさま。 したがって、鉄骨プレハブメーカーだと全て2.0cu/u以上というだらしなさ。  そして、国交省に働きかけて、省エネ住宅の基準から 「気密に関する一切の基準」 を撤廃させた事実は、ご案内の通り。

私は、R-2000住宅のことが頭にあったから、ホームページではC値は0.9cu/u以上と妥協してきた。 しかし、ヨーロッパのパッシブハウスは0.3cu/u以上の性能を求めている。 なかには0.2〜0.1cu/uのC値を自慢している地場ビルダーもいるが、0.3cu/uで十分。 
これを、これからの新築住宅の絶対的な基準としてゆくべき。 
「空き家800万戸以上」 と言われる時代に、悪質な空き家を増やす必要は全くない。
大手メーカーの顔色を伺っている国交省や建研などの諸先生方は、ヨーロッパの基準を日本で認める訳がない。 したがって、消費者のための 「自主的基準」 として定着を図ってゆく。
ということは、アベレージて0.6〜0.7cu/uしか出せない一条工務店の i-cube や i-smart は当然のことながら 「高気密住宅」 という看板を、消費者の手によって外させてゆくということになってくる。

しかし、いくら優れた高気密性能であっても、気密性能だけではこれからの消費者は見向きもしてくれない。
現に、関東以西でも求めているQ値は0.8Wが最低条件となってきている。 そして、一切風を感じさせないセントラル空調換気が絶対条件で、夏は10グラム、冬は8グラムという絶対湿度も最低条件として求望している。
これが完備出来るのなら、50坪の住宅で、坪80万円台なら出してもよいという層が、すでに現出している。 このチャンスを地場ビルダーは見逃してはならない。

もう1つの需要は、一条工務店が開発してくれた 坪60万円台の i-cube や i-smart という高性能住宅。
私は、現場を見ていなかったので、i-cube や i-smart は完全なツーバイフォー工法だと2年間近くも勘違いをしていた。 しかし、筑波の現場で最低と言ってもよい石膏ボード工事を見て“おや”と感じた。 これを端著に、昨年は3つの現場をつぶさに見るとともに、何人かの施主から切実な相談を受けて、i-cube や i-smart を徹底的に検証してみた。 
その結果、i-cube や i-smart は、公庫の標準仕様書を完全に無視した一条工務店の 「個別認定工法」 に過ぎないということが、分かってきた。
あまりにも独善に満ちていて、構造や防火面で疑問符がつく 「個別認定工法」 を、正式な 「枠組壁工法」 であるかのように伝えたのは明らかに私のミス。 各方面に多大な誤解を与えたことに対して、深くお詫びをしたい。
ツーバイフォー材を使ってはいるが、金物をはじめとしてダイヤフラム理論を無視しており、ドライウォール工法を無残にも踏みにじり、換気システムで欧米の基準を順守していない個別認定工法は、絶対にツーバイフォー工法として認めるわけにはゆかないもの。 そういった意味では、全国のツーバイフォービルダーは、「我らこそ、北米直伝の正式なツーバイフォー業者だ」 と自負し、自信を持って頂きたい。

しかし、ツーバィフォー工法として見れば欠点が目立つ商品だが、高断熱という性能面と、性能に見合う価格という面で、i-cube と i-smart が投じた一石は非常に大きなものがある。
このほかに、太陽光発電の搭載問題もあるが、今回は太陽光には触れないことにする。
まず、何よりも同社が提示したQ値が0.76Wの i-cube と、0.82Wという i-smart の抜群の性能値。
これは、ダブルハニカムシェードを大前提にしている。 ハニカムシェードは、正直いってガラス面に結露を築く最大の原因になっている。 したがって、同社だけでなく、全国的にハニカムシェードの採用をやめ、トリプルサッシの全面的な採用を大前提にすることを奨めたい。 
つまり、Q値のカウント面で問題の多すぎるハニカムシェード加算方式を一切やめる。 そして生産設備を完全に破棄し、トリプルサッシに全面的に切り替えるという提案。 現にトリプルサッシだけで0.7Wを上回る現場が内地の3ヶ所で進行している。

しかし、一番問題になるのは価格。
この価格問題になると、私は金物工法による軸組工法には悲観的。 
金物工法はやたらに材積を喰い、しかも生産性が思った以上に低い。 金物工法の場合は、ブラケットを使って壁を外側にフカすしかない。 この場合に、どうしてもカネがかかる。
一条工務店が、i-cube と i-smart の採用に当たって、木軸ではなく206の外壁を採用し、これをパネル化した意味を、熟慮すべきだと思う。 
そういう意味で、私が最も期待しているのが両面に9ミリのOSBを張り、熱伝導率0.023Wの硬質ウレタンを充填して壁の耐震性と熱損失係数を飛躍的に高めたA&Mカーペントリー社のパネル。 これだと206材だけで、一条工務店方式と十分に戦えるはず。
そして、床はIジョイストに合板張りの方が、集成材の梁を3尺間隔にいれるよりも安い。
躯体の耐震性、防火性、耐久性を高めるには、矢張りツーバイフォーによる合板の千鳥張りが一番効果的。 そして、躯体の価格を極限にまで下げて、セントラル空調換気と除加湿機能を付加して行きたい。 この場合、必ずしも高価な家庭用デシカに頼らなくても、いくつかの方法が考えられる。 
そして、セントラル空調換気と除加湿機能込みで40坪の住宅が坪65万円で上げることが出来れば‥‥つまり、躯体工事が全部込みで2600万円。 外構込みで2800万円。
これだと、i-cube や i-smart は恐れる対象ではなくなる。 商品的な魅力は一条工務店よりは高くなり、同社に流れた知識者層を引き戻せるのではなかろうか‥‥。

つまり、一条工務店の価格で、一条工務店のまがいものとも言えるツーバイフォー工法より魅力的な商品開発が出来るかどうか‥‥。 これに成功すれば、大手住宅メーカーの全てに勝てることになる。
そういった商品開発こそ、多くの消費者が待望しているのではなかろうか。


posted by uno2013 at 16:03| Comment(2) | Q値0.8W以上の住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

一条工務店の上潮ムードはストップ。本当の性能と価格の勝負!



関東で、一条工務店の i-smart でトリプルサッシで建てた施主から、Q値か0.8Wを切っていると言うデータを入手しました。
i-smart の公称数値は、Q値が0.82Wだから、トリプルサッシを採用した場合は0.8Wを切るのは当然のこと。
しかし私は、一条工務店のQ値をまともに受け取ることが出来ないでいる。 全熱交を採用している同社は浴室やトイレからは部分間欠排気を行っている。 浴室やトイレなどのダーディゾーンからは24時間連続排気が世界の常識。 部分間欠排気は、長い目でみると問題を残しているような気がして、未だに納得出来ない。
しかし、関東地域においても1.0Wは当たり前で、Q値は0.9Wから0.8Wの時代に入ってきた‥‥と考えることはできる。
つまり、鉄骨プレハブメーカーや三井、住友などの大手メーカーは、今でもトップランナーの1.9Wを切るのにフウフウいっている。 それなのに一条工務店は、内地でも軽くトップランナーの1.9Wの半分の、数値を鼻歌混じりで確保。

しかも、価格はオプションの多寡にもよるが、坪70万円を切っているともいわれている。
意識の高い消費者の多くは、完全に大手離れを起こしている。
大手住宅メーカーは、知識の乏しい高額所得層を対象に、相続税対策としてのアパート建築を売り込むことに血道をあげている。
そして、メーカー品にこだわらなくなったインテリー層は、今までは地場の優れたビルダーに流れてきてくれていた。 価格的に競合すると、地場ビルダーがはるかに有利だったから‥‥。
ところが、この地場ビルダーへ流れていた知識層が、一条工務店へ流れている。 その現象が昨年から激しくなっている。

一条工務店がブームに乗っているのは、単にQ値が0.8Wとか、C値が0.7cuという面にあるだけではない。 1.5寸勾配のフラットな屋根にして、10KWの太陽光発電を搭載すれば、高い売電価格で10年とか15年で太陽光が償却出来た。 その間の費用は一切一条工務店が負担してくれ、初期費用ゼロで太陽光発電を搭載出来た。 この魅力で一条工務店が急成長。
太陽光の家庭用電気の買上げ価格は、次のように変化してきている。(10kW以内)
・2010年度=48円 ・2011年度=42円 ・2012年度=42円 ・2013年度=38円 ・2014年度=37円
そして、2015年度はメガソーラーが20〜25円とかなり下がることが予測されているが、住宅用の10kW以内の売電価格は33円前後と予想される。
しかし、一方電力会社から買う電力料金は、かつては半永久的に22円として計算してきていたのが、オイルやガスの値上がり+消費税の値上がり+再生可能エネルギー賦課金のプラスで、今年度で25円、2020年度のオリンピックの年には30円になろう。 
その時の10kWの家庭用太陽光発電の売電価格は、ドイツのように買電価格を大幅に下回ろう。
つまり、太陽光発電の耐用年数を20年と見れば、今年で太陽光をタダで搭載するとメリットは完全になくなってしまう。 太陽光発電は必要なだけを発電し、後は自動車用などの蓄電にまわされるようになる。 つまり、正常な姿に戻る。

したがって、得手に帆を挙げた一条工務店の上げ潮ムードは、今年で完全に消滅。
そして、本当にQ値とC値がモノを言う世界に‥‥。
そこで、問題になるのは一条工務店の i-cube とか i-smart という性能。
私は去年の春まで、一条工務店の建築現場をつぶさに見ていなかったので、i-cube とか i-smart は、公庫の仕様書に準じた 「枠組壁工法」 だと信じていた。
つまり、三井ホーム、地所ホーム、東急ホーム、スウェーデンハウスなどと同一の、正規のツーバイフォー工法だと考えていた。
ところが、1階の土台や大引きに使われている角材の節の大きさは、日本農林規格の枠組壁工法を無視するものだった。 そして、1階の床組並びに2階の床組、並びに小屋裏の床組と小屋掛は、合板の千鳥張りをやめて、ダイヤフラム理論を見事に無視していた。
それだけではない。
石膏ボード工事において、北米が開発したドライウォール工事を完全に無視しているだけでなく、金融公庫の仕様書の肝心のポイントを忘れ、壁ボードを先張りし、天井ボードを後張りするという大失態をやらかしている。
そして、現場では絶対に使ってはならない45ミリ幅や90ミリ幅のボードを出隅や開口部周りで使っていた。 これは、ツーバイフォー工法としては明らかな欠陥工事。

つまり、一条工務店というのは、在来の木軸で育った会社。 北米やヨーロッパの優れた木質構造の基本的なポリシーがわかっていない。 このため、一階の土台と大引き、3尺角の合板を平気で使うなどという愚策を自慢げに公開している。
i-cube と i-smart は、ツーバイフォー材を使った、どこまでも一条工務店の 「特認工法」。
それを、本物のツーバイフォーと勘違いした私に最大の責任がある。
反省!
正直言って、一条工務店の i-cube や i-smart の現場から学べるものは1つもない。 これほどまでにひどい現場を見たのは初めて。
ツーバイフォー工法の根幹をなしているのは、プラットフォーム理論の完全実施と石膏ボードを全面的に採用したドライウォール工法にある。
この肝心の2つを無視していることは、その耐震性能と防火性能が疑われということ。
耐震性能については、基礎の底盤厚が厚いから、かなりの強度はある。 そういった良い面を評価するのはやぶさかではない。 しかし、2階の床根太の統一性のなさや、内壁のボード張りのクギ間隔のいい加減さ、さらにはサッシの出隅部は合板やボードをくり抜いて施工すべきなのにやっていない。 したがって、直下型の中越地震に遭遇したら、倒壊はしないまでもあちこちがやられ、とくに気密性は2cu以上にまで落ちる可能性が高いと感じた。
ともかく、Q値やC値以前に、木軸工法が持っている耐震性や防火性に疑問符が付く。 どこまでも 「特認工法」 に過ぎないと言うことを、まず最初に理解して頂きたい。

特認工法であれば、イチャモンをつける方がおかしい。
何しろ、日本政府は、数多くの鉄骨プレハブ工法と、木軸では金物工法という無数の特認工法を認めてきているのだから‥‥。  
ツーバイフォーもオープン工法になっていなかったら、いまどき永大ハウスなどがのさばっていたはず。 
それだけに、一条工務店の i-cube とか i-smart の認可には、慎重さが欲しかった。
ともあれ、一条工務店のツーバイフォーもどきが、日本で肩で風を切って歩けるようになった。
本来は日蔭者でしかないものが、大通りを大股で歩いている。
この一条工務店の i-cube とか i-smart という商品には、耐震性能と防火性能という面に大きな欠陥があるということが分かった。
しかし、この欠陥は本格的なツーバイフォーに比べると目立つが、他の金物工法を含めた木軸の工法に比べると、致命的とまでは言えない。 やたらと金物と木材の材積を喰っている特認工法に比べると、強度もそれなりにあり、コストパフォーマンスに優れている。
したがって、i-cube や i-smart に勝には、本格的なツーバイフォーで、Q値とC値で一条商品を上回るだけでなく、価格面でも対等以上に戦えるものでなくてはならない。

具体的には206の充填断熱だけで、耐震性、防火性も高く、しかもQ値は限りなく0.8Wに近く、C値は一条工務店の0.7cuではなく、0.3cu以下。
これを、「遅くとも今年の夏までにはデータを揃えて、誰でも手に入るようにしたい」 と年寄りはリキんでいます。
「どうか、東京・埼玉・横浜エリアで、実験台になっても良いと考えられる勇気のある方が居られたら、是非とも手をあげていただきたい」 と、重ねてお願い申し上げます。


posted by uno2013 at 16:54| Comment(0) | Q値0.8W以上の住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

訂正


「ユウキ邸の年間電力量など‥‥」の記事の中で、私の聞き違いによる重大なミスがありましたので、お詫びして訂正させていただきます。
問題は「OA8月」のグラフです。
最初はグラフの単位が分からず、デシカのSAではないかと思いました。
そこで、ユウキ氏に訪ねたところ、「青線 (黒腺) は絶対湿度だ」 と言われたように思いました。 つまり、デシカのOAではなく、空調機のOAだと早トチリをしてしまいました。

今朝、ユウキ氏から、「OA8月は、どこまでもデシカのOAであって、青線 (黒線) は外気温度で25〜35℃であることを示しており、下の赤線は絶対湿度で、15〜20グラムとこれまた高いことを示している」 との説明を頂きました。

私の勘違いで、「OA8月」 に関する記述が大幅に間違っています。 訂正いたします。


posted by uno2013 at 10:33| Comment(0) | Q値0.8W以上の住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。