2014年03月20日

一条工務店革命 ・ 企業の目的は「顧客の創造である」 (2)


昔の話である。
住宅業界紙の編集長をやっている時に、ピーター・ドラッカーの 「マネージメント」 と 「イノベーションと企業家精神」 (いずれもダイヤモンド刊) を読まされた。
正確な表現は忘れたが、企業の出発点は、どこまでも 「顧客を満足させることであり、企業の存在目的は顧客の創造である」 と書いてあった。
その基本になるのは、2つの技術であり、機能。
1つは 「マーケテング」 であり、もう1つは 「イノベーション」。
とくに 「マーケテング」 は、「何を売りたいか」 と生産者の立場で発想するのではなく、「顧客は何に価値を求め、何に満足しているか」 と、消費者の立場で絶えず考え続けること。
そして イノベーションは、基本的には生産性向上という技術革新によって推進されるが、それだけではなく、新しい経営方法や組織形態、新しい商品開発や、新しい生産方法の導入も生産性を高める重要なイノベーションだ‥‥と下村治氏に教えられた。

そして、業界人を引率してアメリカの住宅産業を調査した時、「ランドプランニング」 というオープンな共有スペースを拡大して環境を保全する技術体系と、 現場を工場として捉え 大工さんの技術を細分化して生産性を飛躍的に高める 「ツーバイフォー」 というオープンな木質構造の技術体系の存在を知った。
それらが 日本と全く異なるのは、オープン技術が 「メーカー指向型」 ではなく、どこまでも「消費者指向型」 として存在していたこと。
これを見て、私は 「消費者指向型の住宅産業」 を日本でも育てるべく最大限の努力をすべきだと痛感した。
幸い、ツーバイフォー工法は 当時の住宅局長をはじめとした住宅局の面々と、公庫の技術者の絶対的な協力が得られて、日本へオープンな形で導入することが出来た。 
そして、オープンスペース・コミュニティのタウンハウス団地も、三井不動産の3000坪程度の端材の分譲地で数ヶ所で試みてくれたが、結実するまでには至らなかった。 このため、オープンスペース団地は、40年以上経った現在でも、未だに日本には存在していない。 
これは、まことにもって残念至極な話。

いずれにしろ、私は早い段階で日本のプレハブメーカーによる住宅産業は、[メーカー指向の代表例」 に過ぎず、地場ビルダーによる 「消費者指向型住宅産業」 の育成のために、私自身をその立場に置いてきた。 
ツーバイフォー工法とR-2000住宅の普及に邁進したのは、ドラッカーのいう 「新しい顧客の創造」 そのものであり、正しい選択であったと確信している。 
そして、ツーバィフォーは年間約10万戸以上の需要を得る一方、在来の木軸工法にも金物工法という形で伝播し、耐震性を一変させてきている。 
しかし、多くの金物工法業者は 独自性を強調するのあまり、アメリカのツーバイフォーに学んで、生産性を飛躍的に高める努力をサボっている。
また、R-2000住宅は 全国の地場ビルダーの努力によって、延べで1万戸近くには及んではいるが、消費者指向型の新産業誕生というには遠く及ばない。
その後、新住協や北海道ハイムによってQ-1住宅運動 (Q値が1.0Wの住宅) が叫ばれたが、真にQ-1住宅と呼べるのは1000戸余に過ぎず、ドイツのパッシブハウスにいたってはまだ2〜3桁台にとどまっているようだ。
日本の官界や学会は、10数年前のカナダのR-2000住宅から一歩も前進しておらず、官学産は、「スマートハウス」 という言葉を弄て遊んでいるだけ。 ドラッカーの影さえも見えなくなってきているのが現状。

この中にあって、数年前から本格的にツーバイフォー工法に乗り出したばかりの一条工務店が、
40年来の長きに亘って、「ツーバイフォー工法のトップメーカー」 だと自画自賛し、2X4協会を牛耳ってきた三井ホームを 昨年には完全に追い抜いた。 
5000戸余の三井ホームの2X4実績に対して、一条工務店は8000戸以上。
おそらく今年は1万戸を突破して、三井ホームがどんなにジタバタしても敵わないツーバイフォーの王者になる。 それどころか、近いうちに住林やミサワも追いぬいて、木質構造のトップ企業になることは間違いなかろう。

しからば、一条工務店は何をしたのか。
ドラッカーの言葉通りの、「新しい顧客を創造した」 のである。
前回も触れたように、新しい技術開発にはカネと時間がかかる。
カナダで、「初期のR-2000の顧客は‥‥」と担当者に聞いたところ、「牧師と医師だけ‥‥」 と答えていた。 それほど、新しい顧客を開拓することは難しい。
日本でも、当初はサッシと断熱材が揃わず、R-2000住宅は坪10万円近くも高くなった。
ところが、PVCのペア・サッシがことのほか安価で入手出来るようになり、断熱材も安くなった。そして、何よりも職人が手慣れてきて、性能が2倍近いR-2000住宅が、坪3〜4万円高程度で供給出来るようになってきた。
初めて、「新しい顧客の創造」 を実感でき、全国でR-2000住宅の専業地場ビルダーが2桁に増大した。
しかし、その後はQ-1住宅でも、パッシブハウスでも、価格がこなれていて、新しい顧客を継続的に開発出来る地場ビルダーが 陸続と生まれてこなかった。 西方設計など、一部の設計事務所が目立つようになっただけ‥‥。
産業化運動とは、お世辞にも言えない状態。

そこへ、Q値が0.85W程度で、C値が0.7cu/u程度の高気密高断熱で、10kW程度の太陽光発電を搭載し、完全にゼロ・エネルギーハウスを達成出来る i-cube とか i-smart が登場した。
しかも、価格は40坪で60万円台。
かくて、新しい顧客は一条工務店へ殺到するようになったのである。
経産省や国交省が唱えるゼロ・エネルギー住宅を、たった1社で1万戸近くもこなす産業革命を起こし始めたのである。 国の税金を使わなくても、万戸単位のゼロ・エネルギー住宅が、陸続と建設され始めてきた。
経産省や国交省はの存在はカタなし。 もちろん大手の住宅メーカーの存在価値が薄れてきた。
同時に、高価格層を狙っていた地場ビルダーも追われる立場になってきた。
そして一方では、私のリンク先に乗っていない新しい地場ビルダーが、札幌市だけで2桁も増加してきている。

私は消費者の立場で、一条工務店の存在を是と思っている。
しかし、地場産業と地場企業の育成という面からは、多くの問題点が内包していることも知っている。
だが、企業の存立の基盤が、「新しい顧客の創造にある」 のが原則だとしたら、「いたずらに地場ビルダーの保護」 を叫ぶわけにはゆかない。 
一条工務店に堂々と対抗出来る中小のビルダー群の育成こそが、最大の課題ではなかろうか‥‥。

posted by uno2013 at 09:48| Comment(0) | ゼロエネルギーハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

一条工務店革命 ・ かつては大手と地場ビルダーが棲分けていた (1)



昔話で、いささか気が引ける。
私が第一線で、ツーバイフォー工法を採算ベースに乗せるのに、丸4年近くかかった。
何しろ単身で、在来木軸で注文住宅に乗り出したばかりの藤和という会社へ舞い降りた。
大手住宅メーカーの営業マンから、「あそこの会社は危ない」 という中傷の集中砲火。
その中で、大工さんを指導し、設計士や現場監督を徹底的に訓練し、固定概念に凝り固まっている営業マンの意識を切替えるのは容易なことではなかった。
しかし、年商7億円の会社を、7年間で100億円にまで持ってゆけた。 

その次は、R-2000住宅に特化したハーティホームの新設。 
藤和時代に懲りていたので営業マンは一切採用せず、「設計事務所長の仕事は営業。 全員所長として頑張って欲しい」 と言ったら、3年目で単年度黒字化を達成。 
その間、大手住宅メーカーを怖いと感じたことはなかった。 
初期の、集中砲火という中傷さえくぐり抜ければ、良識のある消費者の方は必ずついてきて貰える。 消費者との信頼関係を構築出来れば、大手は怖くはない。
むしろ、競合相手がセキスイハウス、住友林業、三井ホームやスウェーデンハウスであれば、[いただき」と感じて、嬉しくなった。

つまり、当時から大手指向の消費者はワンサといた。
しかし、断熱性・気密性の技術力では、大手ははるかに劣っていた。
たしかに、三井ホームをはじめとして、女性のインテリアコーデネィターを中心にしたデザインセンスは素晴らしいものがあった。 現在でも3次元キャドで絵を書くのはお得意。
しかし、設計は設計事務所に総投げして、工事は下職に丸投げ。 現場監督は大工さんや専門職を教育し、意識改革を進める力と意欲を持たされていなかった。
したがって、隙間相当面積 (C値) 0.9cu/u ですら達成出来ないという情けない有様。

つまり、20年以上も前から、大手住宅メーカーと地場のビルダーとは、完全に棲み分けが出来ていた。
「価格は高いが、安全と安心を買う人は大手住宅メーカーへ」
そして、「性能と適正価格を求める意識の高い消費者は、地場ビルダーへ」 と。 
この棲分けが、今でも続いていると考えている地場ビルダーがなんと多いことか‥‥。

大手住宅メーカーと、地場ビルダーの棲分け時代は、半永久的に続くと考えたのは、「大手住宅メーカーのサラリーマンの中からは、高気密高断熱住宅に手を出すような大バカ者は、絶対に育ってこない」 という確信めいたものがあったから。
これは、大手メーカーの側にも、地場ビルダーの側にもあった。
だから、棲分けられた。
ところが、一条工務店のサラリーマンの中に、「うちが高気密高断熱の分野へ進出したら、案外いけるかもしれない」 と考える大バカ者が出てきた。
そして、あれほどダクトによる換気システムを毛嫌いしていたのに、ダイキンに 「熱回収率90%の全熱交が可能であれば、年間1万棟分をOEM発注したい」 と言いだした。
あわてて私は、その全熱交なるものを採用してみた。
冬期の過乾燥の時は、湿度も含めて90%を回収してくれることは、それなりに意義があった。
しかし、夏期は湿度を回収すればするほど相対湿度が高くなるだけで、全く無意味だということを知らされた。 夏期の高湿度を解決出来るのは除湿機であって、換気システムではない。

それなのに、一条工務店は、「ロスガード90」 を最前面に打ち出し、Q値0.76Wの i-cube を2009年から本格的に売り出した。 
4月上旬に札幌・手稲の宿泊体験棟にハイムの技術者をはじめ私の仲間11人が招待され、私は一泊させてもらってその実体験をした。
たしかに、それはそれなりに快適ではあった。 しかし、私が体験してきた幾つかの高性能住宅に比べて、特別に感動を覚えるほどのものではなかった。 

むしろ、私が驚いたのは、ほとんどのメーカーがあらゆる製品の外注化を進めてる中にあって、一条工務店が進めているのは極度なまでの内製化。 
フィリッピン工場で作っているのは、単に構造躯体だけではなかった。
PVCサッシ、床暖房システム、ハニカムシェード、ロスガード90の分配器、真空断熱材とそれを活用した浴槽やフタ、和室の特殊な紙による畳表、システムキッチン、システムバス、サウナユニット、下足ユニット、出窓ユニット、造り付け家具など各種家具やスクリーン等など‥‥。
つまり、あらゆる部材、部品を内製化している。 フィリッピン工場と言うのは、住宅の総合部品・部材工場の集合体だということ。 
つまり、「あらゆる部品・部材からメーカーとしての収益を挙げている。 斡旋ブラーに過ぎない日本の住宅メーカーと根本的に体質が違う」。 その実態を知らされて、私は驚いた。
 
しかし、私は一条工務店の力では、それほど i-cube は売れないだろうとタカをくくっていた。
i-cube へ走った消費者からの報告で、現場での養生ミスからパネルの歪みによる取替作業が発生している写真や、冷房ドレーン管の設置に伴う気密・断熱の劣化の発生事例写真などが、かなりの頻度で送られてきていたから‥‥。
「予想以上に難航しているようだ」 という印象を持たされ、冬期の過乾燥に対するクレームも多く寄せられていた。

しかし、発売して2年経った頃から次第に施工体制も整い、2011年の春頃には、「 i-cube によるツーバイフォー工法が、本業の木軸工法を上回るようになった」 と言う情報を耳にするようになった。 つまり、年間3000〜4000棟体制に入りかけていた。
そして、2011年にはアルパックの協力を得て太陽光発電パネル工場を新設し、同時に210の床材を212にして2.5間から3.0以上の空間が可能な i-smart を本格的に売り出した。
そして、2012年段階で、一条はツーバィフォーで年産8000棟を実現し、三井ホームを追い抜いて文字通り《日本一のツーバィフォー・メーカー》になったのてある。
そして、2013年には、北海道でトリプルサッシ付きの i-smart を売りだし、おそらく今年の夏過ぎには内地でもトリプルサッシを標準仕様にするのではないかと予測されている。


パッシブハウス並の高性能・ゼロエネ住宅が、坪60万円台で消費者が入手出来るようになってきた。 
そして、大手住宅メーカーと地場ビルダーが棲分ける時代は、完全に過去のものになってしまったのである。

posted by uno2013 at 06:59| Comment(0) | ゼロエネルギーハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

《太陽光10kW時代》という大手の戦略と、どう戦えばよいか‥‥


いままで、住宅用エネルギーの使用を抑えるために各国がとってきた政策は、「まずは住宅の断熱性と気密性を上げ、無駄な冷暖房費、給湯費、照明などの家電費を出来るだけ省くこと。 しかし、どうしても換気、家電、パソコンなどに3〜5kWの電力が必要。 これを太陽光、風力、バイオなどの再生可能エネルギーから、如何に多く取り込めるかがカギ」 ということに尽きたと思う。
ヨーロッパは完全にその方向に向かっているし、北米も遅ればせながらそこへ向かっている。
日本の消費者も、地場ビルダーも方向感覚は同じだった。

この欄で、6回に亘って紹介したユウキ邸は、その代表例。
前提条件としたQ値は、南関東なのに0.8W。 当然のことながら屋根と外壁の断熱性能を高めて、サッシはトリプルを採用。
気密性能 (C) は、最初は遠慮して0.5cuを求めた。そしたら、ビルダーと職人さんが頑張ってくれて、0.3cuを軽く突破し、パッシブハウスまでになった。
そして、デシカによるセントラル空調換気システムを採用。
「建築費が若干高くなっても、まず震度7に対応出来る耐震性があり、壁内結露などは絶対に起こさず、躯体そのものの耐久性能は50〜100年経ってもビクともしない。 それだけでなく、50〜100年後も最先端の住環境性能を保持し続けていること。 それが可能であれば、3kWの太陽光パネルの搭載と蓄電システムは、近い将来には100万円も投資すれば可能になり、文句なくゼロ・エネルギーハウスにすることができる」 というもの。

大手住宅メーカーの中で、この方向へ180°の方向転換を決め、実行したのが一条工務店。
何んだかだと問題点はあるが、私はこの一条工務店の大転換には感動を覚える一人。 
あの木軸一本槍で、ダクトによるセントラル換気を毛嫌いしていた会社。 
それがたったの3年間で、ツーバイフォー業界のトップメーカーに変身した。 これほど見事な変身は住宅業界だけでなく、日本の産業界でも珍しい。
極論すれば、世界でも稀な成功例と言えるのではなかろうか。
この大転換を成功裡に導いたのが、フィリピンHRDの大型工場の存在。 単に工場だけでなく、営業マンが施主と打ち合わせた内容を図面化する実務設計業務も、こなしている。
つまり、中国よりも賃金の安いフィリピンで、工場スタッフと設計スタッフを育成し、業務の大幅な外国への移転‥‥企業のグローバル化がもたらした成功と言えよう。
しかし、グローバル化の成功と言うには、まだまだ早い。 
生産拠点が国内から海外へ移転するということは、国内での就業の機会を少なくするもので、双手を挙げて賛成というわけには行かない。
一条工務店が国内需要だけでなく、海外のマーケットを開拓できるようになることが、本当の意味でのグローバル化。 
日本の住宅メーカーは、いずれも国内だけを相手に考えているお山の大将。 発想が貧弱で、諸外国へ打って出てゆける商品力、技術力、価格競争力を持っていない。

一条工務店が、とりあえず日本で成功をおさめたたのは、当然のことながら日本の消費者の支持を得たから。 
つまり、今までの住宅局の政策は、どこまでも大手プレハブメーカーと宮大工など一部の工務店の鼻息ばかり窺ってきて、真に消費者のことを考えてこなかった。
つまり、欧米各国は 《消費者志向型の住宅産業》 の展開を図っているのに対して、日本は一貫して 《大手メーカーと宮大工志向型の住宅産業》 しか展開してこなかった。 
その悪しき見本が、次世代省エネ基準から 「気密性の基準の廃止」。
この暴挙に対して、一条工務店は工場生産住宅でありながら、C値0.6cuを謳い、その性能を担保している。 また、私に言わせれば i-cube の実質的なQ値は0.8W、 i-smart の実質的なQ値は0.9W程度にすぎないと思うが、それにしても今まで考えられなかった性能値へのトライを果敢にやってのけた。 この果敢なトライを《イノベーション》という。
日本の消費者は、そのイノベーションに感動した。
それまでの一条工務店の商品は、田舎の旦那衆を相手にした泥臭いものでしかなかった。 いわゆるダサイ企業に過ぎず、都市の消費者からは見向きもされなかった。 
唯一の取り柄は 《免震構造》 だけ。

一条工務店は新聞や雑誌、テレビなどで一切のPR活動をしない。 このため、まだ多くの消費者は同社の動きを未だに知らずにいる。
しかし、ネット情報に明るい知識層や若者には、あっという間に同社の大変身が知れ渡った。
消費者で、「住まいのブログ村」 を利用して、ブログを立ち上げている人が、なんと約1万7000人にも及ぶ。 いかにブログを立ち上げても、これだけブログの数が多いと、1週間に1人も訪れないブログが2/3〜3/4にも及んでしまう。 会社のブログだと、社員が義理に開いてくれるが、個人のブログだと誰も見てくれないものもある。
したがって、ブログの数がやたら多ければ良いというものではない。 しかし、ブログの数は消費者の人気を反映している面もあろう。 とくに注文住宅の場合にはそれが顕著だと言ってもよかろう。
メーカー別にブログ村のベスト10を挙げれば、下記のようになる。
@一条工務店 523  A住友林業 333  B積水ハウス 227  Cセキスイハイム 141  D旭化成 129  Eダイワハウス 109  Fミサワホーム 97  G三井ホーム 94  Hトヨタホーム 47  Iパナホーム 41
この数字をもって、一条工務店は抜群の人気を持っているとは言えない。
しかし、PR費を一銭も使わずに、アッと言う間に三井ホームを追い抜いてツーバイフォー工法のトップに踊り出ただけでなく、ハイムが20年かかって営々と築き上げてきた 《太陽光発電のトップの座》 をも、奪おうという勢い。
これに、ブログが深く関わっていることは否定できない。
今年の9月までは、消費税がらみで各社とも忙しかった。
しかし10月以降は、地場ビルダーだけでなく大手メーカーも受注力が落ちてきている。 分譲はともあれ、注文住宅では今後の落ち込みを予想している業者が多い。
それだけに、好調を続けている一条工務店に対する警戒心と嫉妬心が強まってきている。
ハイムの 「スマートパワーステーションEX」 は、一条工務店対策として位置づけた方が、より理解がしやすい。

ハイムEX.JPG

私は、大手プレハブメーカーの中で、今までハイムを一番高く買ってきた。
なにしろ、北海道で206材によるツーユーホームで、天井のGW厚360ミリ、外壁のGW厚220ミリで、トリプルサッシを採用してQ値 0.99Wという商品《シェダン》を、数年以上も前から発売している。 北海道限定ではあったが、トライする意欲は高く買えた。
しかし、今回発表された鉄骨のEXのQ値は2.1Wに過ぎず、C値も2.0cuと鉄骨にしては頑張っているが、世界へ出したら笑い草。 ただし、近未来商品はQ値を1.9Wと、何とかトップランナーにまで高めている。 
一方、206のグランツーユーは、Q値1.6W、C値0.99cuで、シェダンよりはるかに性能が落ちているので今回は対象外。

これは、どこまでも私の印象に過ぎないが、ハイムは新しいトライを避ける 《守旧派企業》 になり下がったのではないかという気がする。 減価償却が済んだ既存の工場を動かすだけでよい。 冒険は一切避けるという企業に‥‥。
その工場を稼働させるためには、単価を下げても需要を確保したい。 そのために10kWの太陽光とHEMSだけを搭載したEXを59万円台から売り出す。 この基準となっている住宅の延べ坪数は38.5坪だという。 
38.5坪×59万円=2272万円。 
このうち、HEMSは画像を付けなければ10万円以下で済む。 それも含めて10kWの太陽光の搭載費を300万円と仮定すると、建築費の本体価格は約51万円。
ハイムとすれば、断熱や気密にカネをかけるより、10kWの太陽光一発で勝負した方がはるかに効果的と考えたのだろう。
地場ビルダーは、「太陽光のハイム」 という宣伝力に対抗しょうとすれば、断熱とか気密という性能をほどほどにして、10kWの太陽光をいかにして300万円近くで提供出来るかという競争に巻き込まれる可能性が高くなってきた。
一条工務店は、今までだと10kWのパネル費と工事費、それに1%の金利を加えても340〜350万円であった。 買い上げ価格が30円になると、金利費の負担が増える。 したがって、これからはハイムの価格がリーデング価格になるだろう。

300万円で10kWの太陽光を入手するには、1社では太刀打ちできず、共同仕入れを行っている協会とか協組に加入する必要がある。
これはあくまでも一例に過ぎないが、PVソーラー協会員になると、10kWの外国製品だと現金で150万円程度で入手出来る。 年会費を払い、工事費を払ってもなんとかなりそう。 だが、ハイムのネームバリューを覆すのは容易なことではない。
ともかく、待っているのではなく、自ら動かないと10kW時代には生きてゆけない。 
そして、ハイムに続いて守旧派の大手鉄骨プレハブメーカーが、陸続と同じような発表を行い、日本のゼロ・エネルギーハウス運動は、本命の高気密・高断熱から逸れて、「いかにして安く10kWの太陽光を搭載するか」 へ、まっしぐらに進むかもしれない。

消費者無視の騒動が、またまた熱を帯びる可能性が大。


posted by uno2013 at 14:39| Comment(0) | ゼロエネルギーハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。