2015年12月25日

2015年下半期  読んで面白かった本のベスト10 (上)



恒例の、独善的面白本のベスト10。
毎回同じことを書くが、日に200冊も出版される本を、一人で選択しょうとすることが、そもそもムリな相談。 自分で書店を開いておれば、片っぱしから読んで選択も出来るだろうが、偏っていることを最初から認めざるを得ない。
下期は、乱読気味だった上期よりも4冊も多い455冊。 2.49冊/日というハイペース。 

その中で、レベルに達していると私が感じた本だけを紹介しているが、これがなんと142冊と31%にもなった。 上期は司馬遼太郎の43点が含まれて161冊になったが、それにしても甘い。
中で、ベスト10候補に上げられるものには■印をつけているが、これだけでも105点と前回の71点に比べて48%も増加‥‥。 これにはいささか反省。 

△印は、1年以上に前に出版されたもの。 ただし、文庫本では今年の出版であっても、単行本は3年以上も前に出版されたものが多いので、文庫と断ってある本には要注意。

上期の中では、何と言っても圧倒したのが小説の38冊。
前期は34冊の紹介だったから、4冊も増えた。 なかでも、古いもので、まだ読んでいない小説を重点的に読んだら、これはという面白いものに多く遭遇出来た。 小説は 時間を忘れさせてくれるので、たまに小説がトップになるのも悪くはない。

次いで多かったのが 「経営・経済・政治」。
小説よりは1点足りなかっただけでが、今期は37冊と大活躍。 前期は25冊と3位に後退しただけに、久々の躍進には期待が持てそう。
 
次いで多かったのは 「ノンフェクション・旅行」 の19冊。 前期は司馬遼太郎関係著作がやたらに多かったのだが、これが定位置というところ。 
逆に落ち込んだのは、「環境・農林水産・食品・医療」 の17冊。
今まで必ず20冊以上を占めていたのだが、最近環境問題とか、農林水産関係に目立った新技術の動きがなくなっているセイかもしれない。 しかし、医療関係では新しい動きが目立ってきているので、巻返えしに期待しょう。

そして、いつもビリだった 「住宅・建築」 が、今期は16冊と、「科学・教育・技術」 の15冊をたった1冊ながら上回った。 しかし、住宅関係では新しい技術関係の著書に見るべきものが少なく、エクスナレッジ関連の雑誌系統が伸びているのだから、あまり褒められたものではない。

そして、「科学」 関係が伸びが鈍い。 これは前回も書いたことだが、残念ながら私はITには弱く、読書の範囲が限られる。 悔しいが、それが強く反映しているのだと思う。


【環境・農業・食品・医療】 17冊
・牛と土                              眞並恭介  集英社
・異常気象と地球温暖化                鬼頭昭雄  岩波新書
■ゆびさきの宇宙                      生井久美子  岩波現代文庫
■農業で成功する人、うまくいかない人     澤浦彰治  ダイヤモンド社
■隔離の記憶  ハンセン病と命と希望と   高木智子  採流社
■わたしの畑の小さな世界                木村秋則  ブラフィス
■笑う避難所                          頓所直人  集英新書
■「玄米」のエビテンス               渡邊昌外10人の医師  キラジェンヌ
■地域に希望あり                      大江正章  岩波新書
・炭水化物を食べ過ぎ早死をしてはいけません 江部康二  東洋経済
■ヒトはこうして増えてきた                 大塚柳太郎  新潮選書
■地方創生ビジネスの教科書                 増田寛也  文芸春秋
■パーマカルチャー事始め                   臼井健二・明子  創森社
■誤解だらけの遺伝子組換え作物             小島正美 エネルギーフォーラム
■古世代                           川崎悟司  ブリックマン
■里海資本論                      井上恭介・NHK取材班  角川新書
■なぜドイツはエネルギーシフトが進むのか   田口理穂  学芸出版


【科学・技術・教育】 15冊
■猫はなぜ二次元に対抗できる唯一の三次元なのか 斉藤環  青土社
・空想科学「理科」読本                   柳田理科雄  大和書房
■アーキテクチャーの生態学               濱野智史  ちくま文庫
■風はなぜ吹くのか、どこからやってくるのか   杉本憲彦  べレ出版
■IQは金で買えるのか                     行方史郎  朝日新聞出版
・わたしの土地から大地へ              セバスチャン・サルガド  河出書房
■未来世代の権利・地球倫理の先覚者Y・クストー 服部英二編訳  藤原書店
■進化するプラットフォーム・角川ネット講座J  出井伸之監修  角川学芸出版
■次の本へ (2014)    苦学堂編  苦学堂
■理系社員のトリセツ                    中田亮  ちくま新書 
■なぜ人は宇宙をめざすのか              宇宙人間学研編  線文堂新光社 
■子どもはみんな天才だ!                  ひすいこたろう  PHP  
■史上最強のCEO イ―ロン・マスクの戦い      竹内一正  PHP新書
■イカの不思議                         桜井泰憲  北海道新聞
■アリスの奇蹟                 キャロライン・ステジャンジー  悠書館


【経済・経営・政治】 37冊
■豆腐バカ                           雲田康夫  集英社文庫
■もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら  蔵本雄一  日経BP
■日本の財政「最後」の選択                伊藤隆敏  日経出版
■プレゼンは「目線」で決まる              西脇資哲  ダイヤモンド
・ポィントサービス戦略                    菊池一夫  アスペクト
・スターバックス物語                      梅本龍夫  早川書房
■企業戦略                          鈴木貴博  KADOKAWA
■プレゼンは「目線」で決まる                西脇資哲  ダイヤモンド
・ポイントサービス戦略                     菊池一夫  アスペクト
■日本スターバックス物語                   梅本龍夫  早川書房
■企業戦略                            鈴木貴博  KADOKAWA
・血で血を洗う「イスラム国」殺伐の論理      小瀧透  飛鳥新社
■中村修二劇場                       日経BP特別編集班  日経BP
■台湾人と日本精神                        蔡焜燦  小学館
■タレントの時代                         酒井宗男  現代新書
■琉球王朝のすべて                   嘉納大作・上野隆央  河出書房
■三重スパイ・イスラム過激派を監視した男     小倉孝保  講談社
■話し方より大切な場の空気の説得術           松下周平  KADOKAWA
・石油と日本                          中嶋猪久生  新潮選書
■「強欲チャンプル」沖縄の真実              犬高未貴  飛鳥新社
・地域再生の戦略                       宇都宮浄人  ちくま新書
■新自衛隊論                       自衛隊を活かす会  現代新書
■小さな革命・東ドイツ市民体験            ふくもとまさお  言叢社
■ルポ過労社会                          中澤誠  ちくま新書
・400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法  高井洋子  ダイヤモンド
■運は創るもの                         似鳥昭雄  集英社文庫
■なぜエリート社員がリーダーになるとイノベーションは失敗するか 井上功  ダイヤモンド
■これからの会社でしょ                    垣畑光哉  ダイヤモンド
■世界から戦争がなくならない本当の理由       池上彰  詳伝社
■検証 大阪維新革命                  上山信一・起田馨  ぎょうせい
△オバマ「黒人大統領」を救世主と仰いだアメリカ  越智道男  明石書店
△2020年の産業                        野村総研  東洋経済
■△社長の心得                       小宮一慶  ディスカバー21
■△住んでみたドイツ・8勝2敗で日本の勝ち     川口マーン恵美  講談α選書
■△戦後史の正体                        孫崎享  創元社
■△日本の問題 (イタリア人記者の見た3.11)    ビオ・デミリア  幻冬舎
■△そうだったのか! アメリカ               池上彰  集英社文庫


【小説】 38冊
■繭と絆・富岡製糸場物語                植松三十里  文芸春秋
・ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ        佐藤賢一  文芸春秋  
■マッサン (下)                         羽原大介  NHK出版
・タルト・タタンの夢                    近藤史恵  創元社推理文庫
・ノベル11、ブック18                 ターグ・ソールスター  中央公論
■ジョン万 5、立志伝                     山本一力  講談社  
■COU HOUSE                           小路幸也  ポプラ社
■分解日記                            大山淳子  講談社
■負けるもんか・正義のセ                 阿川佐和子  角川書店
■あしながおじさん                      ウェブスター  光文社
■アニバーサリー                        窪美澄  新潮文庫
■亡国記                              北野慶  現代書籍
△団塊の秋                             堺屋太一  詳伝社
△怪物商人・大倉喜八郎伝                 江上剛  PHP
△約束の海                             山ア豊子  新潮社
△ザ・エクセレント・カンパニー            高杉良  毎日新聞
■△デフォルト                        相場英雄  ダイヤモンド
■△正義のセ (3)                        阿川佐和子  角川書店
■△ロスジェネの逆襲                    池井戸潤  ダイヤモンド
■△七つの会議                          池井戸潤  日経出版
■△儲けすぎた男・小説安田善次郎           渡辺房男  文芸春秋
■△かまさん                            門井慶喜  詳伝社
■△恩はあだで返せ                       逢坂剛  集英社
■△隠蔽指令                            江上剛  徳間文庫
■△ベトナムの桜                         平岩弓枝  毎日新聞
■△武田信玄 (1〜5)                       新田次郎  文春文庫
■△天使の報酬                           真保裕一  講談社
■△炎の経営者                           高杉良  文春文庫
■△海賊とよばれた男 (上)                  百田尚樹  講談社
■△不祥事                           池井戸潤  実業之日本
■△レッドゾーン (上) (下)                 真山仁  講談社
■△草の記憶                           椎名誠  集英社文庫
■△おれたち花のバブル組                   池井戸潤  文芸春秋


【ノンフェクション・旅行】 19冊
・アヘン王国潜入記                       高野秀行  集英社文庫
・定食ツアー・家族で亜細亜                 今柊二  亜紀書房 
・遠野物語拾遣                     柳田国男・京極夏彦  角川文庫
・絶景の飛行機 (写真集)                         エクスナレッジ
・武士はなぜ腹を切るのか                  山本博文  幻冬舎
・そうだ、高野山がある                    片山恭一  バジリコ
■キラキラネームの大研究へ                伊東ひとみ  新潮新書
■吉祥寺「ハーモニカム横町」物語           井上健一郎  図書刊行会
■山ア豊子スペシァルガイドブック           林真理子外多数  新潮社
■人質460日                    アマンダ・リンドハゥト  亜紀書房
■地球の仕組みと生命の進化 46億年           西本昌司  合同出版
■誰も知らない東京スカイツリー               根岸豊明  ポプラ社さら
■瀬戸内の海賊・村上武吉の戦い               山内譲  新潮選書
■ピラミッド・タウンを発掘する               河江肖剰  新潮社
△絵のある自伝                          安野光雄  文芸春秋
△人妻魂                         嵐山光三郎  マガジンハウス
■△巨流アマゾンを遡れ                    高野秀行  集英社文庫
■△異国トウキョウ漂流記                  高野秀行  集英社文庫
■△さらば東京タワー                     東海林さだお  文芸春秋


【住宅・建築】 16冊
・日本の名作住宅の間取り図鑑           大井隆弘  エクスナレッジ
・日本インテリアの歴史                 小泉和子  河出書房
・まちづくり学への招待                 オオバ技術本部  東洋経済
・定本 パースの教科書         ジョン・モンタギュー  パイインターナショナル
■建築の大転換                  伊東豊雄・中沢新一  ちくま文庫
■ぼくらのリノベーション まちづくり    嶋田洋平  日経BP
■光と影で見る近代建築                 近藤存志  角川選書
■よみがえれ! 老朽家屋               井形慶子  ちくま文庫
・緑と暮らす家                            エクスナレッジ
・常識破りの「空き家不動産」投資術     村上祐幸  ビジネス社
・ノコギリ木工のすべて                 杉田豊久  オーム社
■世界の美しい階段                          エクスナレッジ
■イングランドのお屋敷              トレヴァー・ヨーク  マール社
■実家の処分で困らないために           高橋正典  かんき出版
■昭和の公団住宅 (写真集)               長平田一平  智書房
■家は買うものでもなくつくるものでもなく、育てるもの  佐々木善樹  エクスナレッジ



posted by uno2013 at 08:28| Comment(0) | 半年間の面白本ベスト10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。