2015年09月30日

ユウキ邸の年間空調+デシカ電気代=5万7000円(33円換算で) (上)



ご案内のとおり、当初 「家庭用デシカは、何とかして30万円台でビルダーの手に渡るようにしたい‥‥」 との担当者の発言を信じて、私は懸命にデシカを 「ヨィショ」 してきた。
しかし、発表された定価は100万円超。 ダクトの工事費を加えると250万円前後となり、15〜20年ごとの空調とデシカの機械交換のことを考えると、ダイキンに勤めている人でも 簡単に手を出すことが出来ないイニシァル・コスト。
そして杉並の Sa 邸で、ダイキンは2010年の8月から2011年の8月までの13ヶ月に亘ってデータをとっていてくれた。 その膨大な資料を貰いながら、私は月ごとの平均気温や平均湿度、あるいはCOPなどの性能面ばかりに注目していて、肝心の電気代の数字を見るのを忘れていた。
これは、余りにも情けない私のミステークで、言い逃れが出来ない。 深く反省している。

Sa邸.JPG

Sa邸というのは、地下室や小屋裏の機械室までを含めると80坪を越える大きな家。
入れたデシカは250m3/hではなく500m3/h の業務用。
この住宅の空調機とデシカだけの電気代が、上の写真にあるように2010/8〜2011/7までの1年間の月平均が946kW。 このうちデシカが約55%を占め、空調は45%にすぎない。
私は空調代か高くて、デシカ代の方が安いと考えていたが、これは完全に間違っていたことが実証された。
そして、年間電気代は、当時のkWh当り22円換算で約25万円。 現在の33円換算だとなんと約37.5万円にもなってしまう。
いいですか、40坪の平均住宅で この半分以下の22円換算で12万円、33円だと18万円で上がったにしても、高すぎると考えるのが当然ではないでしょうか。 この空調・デシカ代だと、ランニング・コスト面からも 誰一人としてデシカを採用出来ないのではないかと考え、そのことをこの欄で発表したのは当然のことだと考えていました。

ご存知の通り、ドイツのパッシブハウス研究所では、パッシブハウスでも電気代をタダにすることを目指してはいない。 u当り15kWhの電気代を容認している。 電気代がタダの家と言うと、日本では プレハブメーカーや建設省のように、10kW近い太陽光発電を搭載した住宅のことだと短絡的に考えてしまう。
太陽光パネルは10kWを搭載すると、最低でも350万円はかかってしまう。 しかもその寿命はせいぜい15〜20年。 15〜20年後には多少安くはなっているだろうが、あまり期待は出来ない。
つまり30〜40年間で600〜700万円の投資を、消費者に永久に求め続けようとしているのが、日本の建設省や大手のプレハブメーカーのエネルギーゼロ住宅。
これに対して400万円程度の投資で、60〜100年間も電気代が15kWh/uしかからない住宅造りをやりましょう、というのがパッシブハウス研究所。

そして、現在日本の電力メーカー買上価格は、販売価格と同一のkWh当り33円。 各電力会社によって多少の価格差はあろうが、電気料金はこの4年間で5割も高くなってしまった。 そしてこれからは、ドイツのように買上げ価格は30円を切ってゆくはず。
一方、売電気価格の方は、いつまでも33円時代は続かない。 なにしろ、当初は48円というバカ高い価格で、20年間に亘って電力メーカーに買上げる義務を孫氏などが当時の菅直人総理に押し付けた。 そしてメガソーラーブームが起きた。 この高い買上価格の影響が徐々に出てきて、電気料金はこれからも高くなってゆき、次第に40円に近づいてゆくであろう。
何しろ日本は原発がダメで、石油に依存している。 たまたま今は石油の値段が安いから33円で助かっているが、それにしてもなし崩し的に50%もの値上げをされてしまった。
原発は10万年間も残りカスを安全に保管しなければならない。 日本に新人類が移住してから、まだ5万年しか経っていない。 10万年というのはその倍。 地震国日本に、本当に原発の残りカスを安全に保管出来る場所があるのだろうか?
私は北方領土を放棄しても、シベリアの奥地に日本の費用と技術で、ソ連と日本の原発の残りカスを共同埋設保管する場所を設けるしかないと考えている。 その見通しが得られない限り、原発は便所のない高級マンションに過ぎない。 もろ手を上げて賛同することは出来ない。
としたら、庶民は自衛のために、4〜5kW程度の太陽光を搭載せざるを得なくなるかもしれない。
しかし、投機的なメガソーラーだけは絶対に阻止してゆかなければ、日本の電気料金は40円近くになり、消費者は首を絞められて大変なことになってしまう。

パッシブハウス研究所の言う15kWh/uの電気代を、40坪の家に換算すると1980kWh。 33円換算で年間で、6万5000円強で上げなさいと言っている。
少なくとも、年間冷暖房費+換気費+除加湿費をこの6万5000円強で納まらない住宅造りは、根本的におかしく、間違っているというのが私の持論。
ということは、床暖房とクーラーを活用している住宅も失格なら、デシカによる除加湿も失格ではないかと考えていた。
そしたら、1昨年11月に完成した千葉・習志野のユウキ邸から、「わが家は、大きさは吹抜け空間を入れると丁度40坪程度の大きさで、Q値は0.8Wの住宅。 初年度は暖房費が嵩んでシッチャカメッチャカだったが、2年度の昨年9月から今年の8月にかけては、冷暖房と換気・デシカの電気代合計が5万7000円で済んだ」 という嬉しいメールが届いた。
そして先週の土曜日に、イソイソと船橋市の先までユウキ邸を訪ねてきた。
すでに、ネット・フォーラム欄で紹介したように、1昨年の12月から昨年の6月までは、ダイキンが空調・デシカに関しては電気料金の資料をとってくれていた。 大変有難かったが、空調・デシカ以外の各部位毎に、どこにどれだけ電気料金がかかっているかが判らない。
このため、ユウキ氏が昨年の7月から自腹を切ってHRRSを設置して、とりあえず昨年の9月から今年の8月までの1年間のデータをまとめた。

月別電気使用.JPG

上の図は、月ごとにどれだけ電気代がかかっているかを示したもの。
写真に撮って縮小されているので、分かりづらい点が多いのは、ご容赦あれ。
この図の中でとくに目立つのは、昨年の1月から5月まで、全電気料金に占めるデシカと空調の比率が50%以上を占めていたこと。 とくに3月は76%を上回っていた。
昨年1月から5月までのデシカと空調の電気料金と、占める比率 (%) は、以下のとおり。

          2014年1月    2月     3月     4月     5月
全電気料金   18,744円  20,262円  15,741円  10,692円  10,659円
         (100.0%)  (100.0%)  (100.0%)  (100.0%)  (100.0%)
デシカ料金    4,290円   3,498円   2,970円   1,815円   3,597円
         ( 22.9%)  ( 17.3%)  ( 18.9%)  ( 17.0%)  ( 33.8%)
空調 料金    5,247円   9,669円   9,042円   4,620円   2,805円
         ( 28.0%)  ( 47.7%)  ( 57.4%)  ( 43.2%)  ( 26.3%)
デシカ+空調 ( 50.9%)  ( 65.0%)  ( 76.3%)  ( 60.2%)  ( 60.1%)

このように、初期の段階で、とくに4月までに暖房費が多くかかったのは、部屋の中や壁がよく温まっておらず、蓄熱度が低かったことが原因と考えられる。 そして、5月にデシカの料金が上がったのは、床下のコンクリートが乾いておらず、余分な除湿費がかかったためだと考えられる。
これと同じ現象が、他の高気密・高断熱住宅でも起こっていると考えるべき。
四国・松山市や横浜市で建てられている高気密・高断熱住宅でも、建てられた時期によって同じ現象が指摘されている。 完成が冬期の場合は蓄熱が足りず、夏期の場合は床下のコンクリートからの放湿が問題視されている。
つまり、高気密・高断熱住宅に対する具体的な知識が乏しく、住まい方がよくわかっていない。
このため、1年目のデータには大きなバラつきがあり、初年度だけのデータを見て一喜一憂することは、危険ですらあるようだ。
そのことを知らず、私は初年度のデータに振り回されてきた。
これからは、空調やデシカの数値を見る場合は、2年目のデータを見てから判断することが求められているようだ。

それが証拠に、ユウキ邸のデータは以下のように、2年目では様変わりしている。
2014年の9月から、今年の8月までの1年間のユウキ邸の全体の電気使用代と部位別の料金と、その比率は以下の通り。
全     体                   195,756円 (100.0%)
デ  シ  カ                    29,173  ( 14.9 )
空 調・換 気                    27,779  ( 14.2 )
和室・台所(冷蔵庫・台所換気扇・炊飯器・ポット) 62,561  ( 32.0 )
玄関・洗面所・浴室(給湯はガス)          9,735  ( 5.0 )
リビングの照明                    7,953  ( 4.1 )
洋室1・寝室                       726  ( 0.4 )
洋室2(パソコン)                   5,313  ( 2.7 )
リビング(テレビ)                  8,481  ( 4.3 )
2階廊下・小屋裏(パソコン)            9,768  ( 5.0 ) 
電 子 レンジ                     4,686  ( 2.4 )
洗  濯  機                     1,122  ( 0.6 )
その他の 電力                    65,472  ( 14.5 )

何回も強調するが、これはkWh当たり33円として計算した数字。
デシカと空調換気の合計が、57,000円を下回っている。 しかも電気料全体に占める比率は、29.1%と30%を切っている。
仮に22円の電力料金が今も続いていると仮定したら、38,000円を下回る数字となる。
私は、この数値で十分と考えている。 したがって、ユウキ邸の勇気を誉めたい。
北海道などの寒冷地を除いて、東京以西ではこの数値を確保することを、最優先の目的にすべきだと考えるが、如何でしょうか?


posted by uno2013 at 16:00| Comment(0) | Q値0.8W以上の住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。