2015年09月10日

高気密・高断熱の空調換気システムは根源的な問題に遭遇している (中)



さて、前回はPVCのトリプル・サッシが売出されて、環境はR-2000住宅の普及期の時のように、かなり良くなってきていると書いた。
つまり、208〜210のスタッドを使わなくても、206の壁で、断熱性能が0.023Wの硬質ウレタンを工場で充填すれば、Q値が0.8W程度の住宅が簡単に取得できる。
硬質ウレタンの充填断熱だと、すでに準防認定を取っているところがあり、カネはかかるけれども、それほど認定を取るのは難しい話ではないはず。
そして、私はA&Mカーペントリー社の両面OSBを張り、パッシブハウスを真似て内側の石膏ボードの裏側に38ミリの空間をとって、この部分で配線・配管を行う方式に 痛く感動している。
つまり、壁を貫通しないので、ロスが少ない。
それと、両面にOSBを張っているので、実質的な壁倍率は7〜8倍という認定を すでに実大実験でとっている。

国交省は、RC造の関係から、実質5倍以上の壁倍率は認めてくれない。
しかし、私は何度も書いているように、中越の震度7という直下型地震の烈震地の実態を、4度も足を運んで見てきた。
豪雪地のために、4寸とか5寸という太い柱とスジカイを使ったところの激震地で、なんと90%の住宅が倒壊していた。
倒壊を免れたのは、外壁に構造用合板を使ったトステムのスーパーウォールだけ。
もっとも、こうした激震地にツーバィフォー工法など、ハイカラな工法は普及していなかった。
このため、外壁に合板を使った工法は、スーパーウォールのみ。
そのスーパーウォールが、一つも全壊していなかった。
たしかに、すごいことだった。
しかし、すごいとばかり言っておれなかった。 なぜかと言うと、全壊はしなかったが、軒並み気密性が失われ、前の道路を走る車の音が、全部聞こえるようになっていた。
施主は、その音に悩まされていた。

これを見て、私は震度7の直下型の地震に耐えるだけではダメだということを悟った。
つまり、国交省が推奨する震度5倍の耐震性ではなく、実質震度7〜8倍の耐震性を持っていないと、地震国日本では安心出来ないという事実。
しかし、震度7〜8倍という耐震性を持った住宅が日本に存在するのだろうか?
この疑問を、すべての皆さんが持つはず。

私のホームページのビルダー欄に《北信越》の項目がある。
そのなかに、「自然の住まい社」 という長野・原村に本社を持つ小さな会社を紹介している。
年間受注戸数はせいぜい2〜3戸程度。 しかし、いずれも大きな家で、坪単価は約100万円と高く、誰でも紹介するというわけにはゆかない。
しかし、今はやりのCLT (クロス・ラミネーテッド・ティンバー) を20年以上も前から手掛けている。しかも、オーストリアのトーマ社長は、どこまでも自然素材にこだわり、数枚のラミネートを絞めるのに、接着剤を一切使っていない。
全て無垢の木のボルトで絞めている。 しかも、壁・床ともに厚みは17センチ。 これに内装は塗壁仕上げというから、拘っている。
まったく、ほれぼれする内容。 
この住宅が、今から20年ぐらい前に、日本で8倍の壁倍率をとったというからすごい。
見たところ、間違いなくどっしりとしていて、これだと震度7の直下型であれ、4年前の3メートルを超える津波にも十二分に耐えられると納得させられた。 
こんな木造住宅が、日本にあるのですね。

これに感心していたら、実大試験で、実際の壁倍率7〜8倍持っているというA&Mカーペントリーのパネルを見せられ、これまたビックリした。
206の両面にOSBボードを張り、工場で硬質ウレタンを充填する。 このウレタンそのものが固くて強度を持っているらしい。 また、硬質ウレタンの充填断熱材は、準不燃材を取得しているメーカーがすでにあるので、カネさえかければ準不燃材になるはず。
そして、感心したのは、ドイツのパッシブハウスに習って、内部のボードの下に38ミリの空間を設けて、このスペースを使って配線・配管工事を行っていたこと。 つまり、やたらに外壁を貫通していないので、C値0.3cu/u以上の気密性能が担保出来る。
そして、外壁に張る石膏ボードと、内壁の石膏ボードは、どこまでも耐震性面ではオマケ。
現場への配送と建て上げが可能なら、出来るだけトリプル・サッシ込みの一枚パネルとしたいと言っているから、強度的には最高レベル。
しかし、上記・自然の住まいのような拘りはない。 もちろん、OSBを両面張りしているのだから、ノン接着剤というわけにはゆかない。

ただ、このトリプル・パネル込みの価格が、予想以上に安く、現場の手離れがよいことに私は惹かれた。 しかし、モデルハウスはともかくとして、こんな重装備の高気密・高断熱住宅だから、年間数棟程度では採算面で合わない。
トリプル・サッシの購入1つをとっても、やはり年間30〜100の需要をまとめたい。
私が第一線にいたら、絶対にモデルハウスを建て、消費者を巻込み、 i-smart の対抗商品に育てているはず。
しかし、需要をまとめようとか、モデルハウスを建てようとかというビルダーがなかなか現れてこない。 私も、いささかシビレが切れてきた。
これ以外の、別の道を探さねばならないのかもしれない。



posted by uno2013 at 15:36| Comment(0) | 産業・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。