2014年08月10日

PVJapan2014。  メガソーラー 最後の晩餐会の虚しさ!!


ご案内のように、メガソーラーの固定価格買取制度は、2012年の40円/kW+税から始まり、2013年の36円+税となり、今年度は32円+税となった。
このため、今年の太陽光発電関係の誌紙は、「32円台で利益の出るシステムの在り方」 に関する特集を組んでいる。 とくに休耕田対策が目立った。
そして、大手業者は、買取価格が40円から36円になった時、2MWのシステム価格は28万円から25万円になった。 買取価格が32円だから、システム価格は当然のことながら23万円に‥‥。 つまり 「20万円/kWへの挑戦の時代へ」 と大きな掛け声を挙げていた。
1つの方法は、コスト削減のための規模の拡大。 つまり、「10MWで20万円のコストを実現するには、パネル価格は65円/Wを切らないと難しい」 と指摘している。 200Wのパネルだと1枚当たり1万3000円ということになる。 そして、これは理解し易くするための仮定上の話だが、5kWだとパネル価格が2.8倍としても91万円で上げなければならない勘定に‥‥。
そして、10kWの場合のコストを、下記のように最高で337万円と試算している。 一条の10kWの価格を考えれば、少し高すぎる価格。
◇モジュール 150万円、◇パワーコンディショナ 40万円、◇基礎・架台 35万円、◇接続箱・集電箱・ケーブル 20万円、◇監理システム 7万円、◇一般管理費 30万円、◇基礎・電気工事費 55万円、◇合計 337万円。 そして、今年はやたらと架台の展示が目に付いた。

さて、この調子で下げると、来年度の買上価格は28円に。 そして再来年度は24円と売価よりも安くなろう。 これは、当然の措置だと私は考える。 
ドイツの例を見ても分かるように、固定価格での買取制度は、事実上修了している。
三菱電機の資料によると、ドイツの家庭用電気料金は0.27ユーロ (36.7円‥‥1ユーロ136円で換算) で、売電価格は0.15ユーロ (20.4円) 。 
つまり売電するよりも、自家消費した方が得。
メガソーラの悪しき影響で、家庭用電気料金がやたらと上がり、消費者に苦痛を与えただけでメガソーラは自らの首を絞めてソソクサと退散。 日本も近いうちに同じことになる。 
来年度でメガソーラの買上制度を廃止して、8kW以下の家庭用の買上制度だけは残すべきだと提言したい。
今年のPVJapanが、最後の晩餐会だと私は感じた。
そして、消費者は 「電気を売って儲けよう」 などというケチな考えは完全に捨てるべき。
メガソーラーのために、数年以内に電気料金は30円を突破する。 売れば儲かるというのはあと1〜2年で終わる。 本来のとおり余剰電気は蓄電して、いざという時や電気自動車の燃料として消費すべきもの。

そこで、家庭用のリチウムイオン電池の登場となるところだが、前回紹介したように民生用リチウム電池では、数年前までは日本は世界のトップを走っていた。
ところが、ホンダなどはリチウムイオン電池の将来を見誤り、リチウムイオン電池の技術屋・佐藤登氏をサムスンに放り出してしまった。 このため、電動工具など民生用のリチウムイオン電池は、あっという間にサムスンに追い抜かれ、日本は決定的な遅れをとっているらしい。 つまり、日本の企業に家庭用蓄電池の技術開発を期待することは不可能のよう。
しかし佐藤氏は、日本の自動車メーカーは技術的に世界のトップを走っている。 したがって、電気自動車や水素自動車にのリチウムイオン蓄電関係では、現時点でも日本は世界のトップを走っているとのご託宣。
ということであれば、今すぐ高くて性能の低い蓄電池を導入するのではなく、あと2〜3年後に電気自動車を買って、それに蓄電させる方が利巧かもしれない。
ただ、その辺りの細部の情報は、今年のショーでは得られなかった。

クアトロエジャパンの住宅用太陽光発電の変換効率ベスト10は、以下。
1位 東芝 20.1、 2位 パナソニック 19.5、 3位 WWB 19.5、 4位 GWソーラー8.4、 5位 LG電子 18.3、 6位 BenQ Solar 18.0、 7位 シャープ17.6、 8位 長州産業 17.4、 9位 永輝商事 16.93、 10位 JAソーラー 16.82。

20.1%の変換効率.JPG

写真は変換効率1位の東芝の20.1。

研究段階の25.6%.JPG

研究段階での25.6という変換効率が得られている。

15年と20年保障.JPG

一般化したモジュールの出力20年保障と機器の15年瑕疵保証。

各種屋根固定具.JPG

各種の屋根への固定金具。

太陽光と自動車.JPG

電気カー.JPG

太陽光発電と電気自動車への蓄電。

HEMS分電盤.JPG

お馴染みになったHEMSの分電盤。

浮体式福島発電.JPG

福島浮体洋上風力発電の写真展示。

太陽熱.JPG

進歩した太陽熱集熱器。 ドイツでは畳2枚分が太陽熱集熱器で、残りは太陽光パネルだった。

posted by uno2013 at 13:12| Comment(0) | 展示会・シンポジウム・講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。